Macで選択中のテキストの文字数をカウントするスクリプト【DL有り】

mi や CotEditor とかで文章を書いてるときなら
手軽に文字数をカウントできるのですが、

エディタ以外の場所で文字数をチェックしたいときとか、
あるじゃないですか。

ブラウザとかメールソフトだとか。

そんなとき、とりあえずコピーして
エディタや文字数カウントしてくれるサービスにペーストして
数えてもらうの、面倒で
(;´Д`)

だから以前はプログラムわからないくせに悪戦苦闘して
ClipMenu に「コピーした文章の文字数をカウント」ってメニューを
スクリプト書いて追加したりしてたのですが、

コピーいちいちするの、面倒だし
履歴も増えてうんざりするよね??

……というわけで、Mac限定ですが

「コピー不要! 選択範囲のテキスト文字数をカウントする方法!!」

しかも文字数を表示したあと、
そのダイアログが3秒で自動的に消えるよ!

WordService もあるけれど。

ぶっちゃけ昨日紹介した WordService の
「Statistics」でも同じことできるのですが、

WordService 見つける前に
頑張ってこのスクリプト書いちゃってたものだから、
お蔵入りさせるのがもったいなくて(ノ∀`)

WordService

無料
(2017.10.15時点)
posted with ポチレバ

一応違いは以下の通りです。

  • WordService の方が情報量が多い
  • 情報量は少ないけど、ウィンドウを勝手に閉じるようにできる
  • メッセージが日本語

それぞれのスクリーンショット貼り付けておきますねー。
(画像クリックで拡大)

AppleScript verWordService

Automator で「サービス」を作る

「Automator」のアクションから
「Apple Scriptを 実行」を
ダブルクリックor右側にドラッグ&ドロップ。
(画像クリックで拡大)

Automator

以下のスクリプトを「Apple Script を実行」欄に
コピー&ペーストします。

で、名前をつけて保存。
私は適当に Text Count とつけました。

ついでにショートカットも登録

なるべくキーボードから手を離したくないので、
ついでにショートカットも作っておきます。

システム環境設定 > キーボード > キーボードショートカット > サービス

ショートカット登録

システム環境設定の「キーボード」から
ショートカット登録できますので、
他とかぶらないショートカットを登録してください。

あ、登録は右側の空欄をクリックか
ダブルクリックして選択状態にしてから、

登録したいキーボードの組み合わせを
パシッと押せばOKです。
(たとえばこの例だと
⌘Command + Shift + C の
3つのキーを実際に押す)

使い方

これで使用中のアプリのショートカットとかぶってなければ

文字列を選択した状態で
⌘Command + Shift + C を同時押しするだけで……

文字数カウンター

表示できたヽ(*´∀`)ノ

SafariやChromeで表示しているWebサイトの文字列でも
入力中のフォームのテキストでも、

とにかく選択さえできていれば基本使えます。

残念ながらショートカットがかぶってるアプリでは、
普通にコンテキストメニューの
「サービス」から呼び出せばOKです。
(画像クリックで拡大)

コントロールキーとクリックでコンテキストメニューを出せる

コンテキストメニューの出し方は、
control + クリックか2本指タップです。

ダイアログウィンドウを3秒で自動で閉じる

このままリターンキーを押せば
ダイアログを閉じることはできるのですが、

それすら面倒なので3秒で自動的に
ダイアログが消える
ようにしてあります。

もし5秒とかにしたい場合は9行目の

を「5」にすれば大丈夫(´∀`*)

Apple Scriptなのでちょっと重いのですが、
とにかく文字列を選択さえできればどこでも動きます。
もうほんと、快適すぎてめっちゃ捗りますよー☆

データ消えたら困るから、こうして備忘録に今日も残すのです。

参考:Apple Scriptによる選択範囲の文字カウント(改行、スペース抜き)について | Apple サポートコミュニティ

【追記】スクリプトをダウンロードできるようにしました

ファイルをダウンロードできるようにしたので、
よろしければ使ってください。

OS X 10 El Capitanで動作確認できてます。

Download

解凍後にできた「TextCount.workflow」を
ダブルクリックして「インストール」してください。

ワークフローのインストール

ないとは思いますが、
もしインストールの確認画面が出ない場合は

ライブラリ > Services

フォルダの中に入れれば使えると思います。

ライブラリの中のサービスフォルダへ

ライブラリの表示の仕方は、
オプションキーを押しながらメニューバーの
「移動」をクリックすると現れます。

オプションキー押しながら「移動」をクリックでライブラリが表示できる