Macで選択しているテキストの文字数をカウントするスクリプト

mi や CotEditor とかで文章を書いてるときなら手軽に文字数をカウントできるのですが、
エディタ以外の場所で文字数をチェックしたいときとか、あるじゃないですか。

そんなとき、とりあえずコピーしてエディタやテキストカウントしてくれるサイトに
ペーストして数えてもらうの、面倒で(;´Д`)

だから以前はプログラムわからないくせに悪戦苦闘して
ClipMenu に「コピーした文章の文字数をカウント」ってメニューを
スクリプト書いて追加したりしてたのですが、

コピーいちいちするの、面倒だし履歴も増えてうんざりするよね??

…というわけで、Mac限定ですが

「コピー不要! 選択範囲のテキスト文字数をカウントする方法!!」

しかも文字数を表示したあと、そのダイアログが3秒で自動的に消えるよ!

WordService もあるけれど。

ぶっちゃけ昨日紹介した WordService の「Statistics」でも同じことできるのですが、
WordService 見つける前に頑張ってこのスクリプト書いちゃってたものだから、
お蔵入りさせるのがもったいなくて(ノ∀`)笑

WordService カテゴリ: 仕事効率化 現在の価格: 無料

一応違いは以下の通りです。

  • WordService の方が情報量が多い
  • 情報量は少ないけど、ウィンドウを勝手に閉じるようにできる
  • 日本語

スクリーンショット貼り付けておきますねー。

AppleScript verWordService

Automator で「サービス」作る

Automator

「Automator」のアクションから「Apple Scriptを 実行」をダブルクリックor右側にドラッグ&ドロップ。

以下のスクリプトを「Apple Script を実行」欄にコピー&ペーストします。

で、名前をつけて保存。
私は適当に Text Count とつけました。

ついでにショートカットも登録

なるべくキーボードから手を離したくないので、ついでにショートカットも
作っておきます。

システム環境設定 > キーボード > キーボードショートカット > サービス

ショートカット登録

システム環境設定の「キーボード」から、ショートカット登録できますので、
他とかぶらないショートカットを登録してください。

あ、登録は右側の空欄をクリックかダブルクリックして選択状態にしてから、
登録したいキーボードの組み合わせをパシッと押せばOKです。
(たとえばこの例だと ⌘Command + Shift + C の3つのキーを実際に押す)

これで使用中のアプリのショートカットとかぶらなければ

⌘+Shift+C の同時押しで…

文字数カウンター

表示できたヽ(*´∀`)ノ

残念ながらショートカットがかぶってるアプリでは、
普通にコンテキストメニューの「サービス」から呼び出せばOKです。

ダイアログウィンドウを3秒で自動で閉じる

このままリターンキーを押せばダイアログを閉じることはできるのですが、
それすら面倒なので3秒で自動的にダイアログが消えるようにしてあります。

もし5秒とかにしたい場合は

を「5」にすれば大丈夫(´∀`*)

ちょっと重いんだけど、もうほんと快適すぎてめっちゃ捗ります☆
データ消えたら困るから、こうして備忘録に今日も残すのです。

::参考::
Apple Scriptによる選択範囲の文字カウント(改行、スペース抜き)について | Apple サポートコミュニティ