W3 Total Cache(CloudFlare)の“Minify”すげー!

スポンサードリンク

WordPressでブログを作ってしばらく経った頃に悩むのが、
ページの読み込み速度ですよね。

キャッシュ系プラグインをいろいろ組み合わせて試行錯誤してきたのですが、
今回勇気を出してある設定に手を出したところ、
GTmetrixでいきなりAAが出ましたよ!

AAなんて初めて見たわ&

いま使ってる高速化プラグイン+サービス

WordPress高速化についてググったらいろんなブログで紹介されてる
定番どころはひと通り使ってきたと思いますが、現在は

  • 001 Prime Strategy Translate Accelerator
    翻訳ファイルの読み込みをキャッシュ化
  • DB Cache Reloaded Fix
    データベースをキャッシュ
  • W3 Total Cache
    とにかくいろんなものをキャッシュ
  • WP Hyper Response
    サイトと管理画面のレスポンスを向上

プラス

  • エックスサーバーのPHP高速化設定(FastCGI化)オン
  • CloudFlare
    画像などの大容量コンテンツをキャッシュして配信してくれるネットワーク

でやってます。
やってるだけでなく、当分これで落ち着きそうです。

っていうかエックスサーバー

ってPHP高速化設定なんてあったんですね。
オンにしてすぐは読み込みに時間かかってましたが、
落ち着いたらビュンビュンでした。
もっと早く使ってればよかった…!(>Д< ;)
スポンサードリンク

JavaScriptとCSSだけで相当足引っ張ってる

今までも上記の組み合わせで使ってきましたが、
中には手を付けてなかった設定もあります。

それこそ「Minify」。

Head Cleaner を使ってた時、自分ではトラブル解決できなかったので
CSSやらHTMLやらJavaScriptやらをスッキリ圧縮するのには
まだ抵抗があったんですね。

でも

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

でチェックすると、ページスピードグレードを大きく引っ張ってるのは
どうもCSSとJavaScrptくさい。

そこで思い切ってW3 Total Cacheの設定からMinifyどんどんしてみました。

W3 Total CacheからCloudFlareのMinify機能をオンにする

General Settings   W3 Total Cache - MinifyW3 Total CacheにもMinify設定あるのですが、

「CloudFlareでMinifyする設定になってるから、無効になるよ」

<

p>と言われてるみたいですね。

というわけでCloudFlareの方の設定です。

General_Settings___W3_Total_Cache_-_CloudFlare今までOffにしてたMinificationの項目で

CSS, JavaScript, and HTML

を選択。

<

p>

Rocket Loaderはまだβ版とのことで不具合が出るらしく、
使用すると一部ウィジェットやアドセンスが非表示になることも
あるようです。
ただRocket Loader使うと、マジ爆速。
おまけにあっという間にページスピードグレードがAAに!

Rocket Loader切るとグレードは落ちますね(;´∀`)
でも相変わらず読み込み時間は比べ物にならないくらい短い。

すごく乱暴な言い方ですが、
不具合出るか確かめながらやればいいんだから
もっと早くにいろいろ試していればよかったです。

参考サイト
「W3 Total Cache」のススメ | 怠惰は美徳
表示スピードの高速化に役立つ!JavascriptやCSSファイルに自動で付与されるバージョン番号を非表示にする方法 | gori.me(ゴリミー)

スポンサードリンク