iPhone版Ankiアプリで音声を自動再生で読み上げる韓国語単語帳の作り方

Anki

最近ピッコマ漫画をきっかけに
韓国の小説を翻訳アプリで読んでます。

漫画「捨てられた皇妃」の原作小説(韓国語版)を自動翻訳で読む方法
先日ピッコマ独占配信漫画のオススメ記事を書いたのですが、この中で筆頭にあげている「捨てられた皇妃」のこの先が気になるんですよ!ちょっと調べてみたらありがたいことに原作小説がある上に、そちらは完結済みというじゃありませんか。...

それでついでに韓国語の勉強もすることにしたのですが、
ここでiPhoneのAnkiアプリが大活躍!

せっかくなのでiPhoneでAnkiアプリを開いたときに
自動的に単語や例文の音声を再生できるようにして、
さらに辞書サイトへのリンクもすぐに開けるようにしました。

もし韓国語の勉強中の方がいたら、
ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

そもそもAnkiって?

Ankiアプリは、単語帳などのフラッシュカードを
自作できるサービスです。

リンク Anki – powerful, intelligent flashcards

デジタルだからいくら増えてもかさばらずに
すべてのカードを持ち歩けるし、

なんと言っても復習のスケジュールを
自動的かつ最適に組んでくれるのが最大の魅力!

何も考えなくてもAnkiさえ使っていれば、
忘れる前&忘れた頃に勝手におさらいができるのです。

こんな素晴らしいAnki webは
なんと無料で使えるのですが、

リンク Anki – powerful, intelligent flashcards

開発費を支える目的で
iPhoneアプリだけは有料です。

AnkiMobile Flashcards

AnkiMobile Flashcards

Ankitects Pty Ltd¥3,060posted withアプリーチ

ちなみに後になればなるほど
お値段上がってくので、早めのゲットがお勧め。

私

私は使用初日、もっと言うなら使い始めの数時間で元を取れてしまった、と思いました。

普段AnkiはiPhoneアプリの方を使っています。

Mac版のAnkiアプリは、
カード登録やノート(テンプレート)の作成以外
使ってないような気が……。

暗記物はちょっとした時間で進めたいので、
そういうふうに使い分けしています。

なので今回説明する方法も、
MacではなくiPhoneアプリのAnkiで自動再生する方法です。

単語や例文を音声で読み上げて欲しい

やっぱり言語は音を確かめながら勉強していきたいですよね。

とりあえずやりたい事は、
単語カードに書かれている単語と例文の2つを
音声で読み上げてほしいです。

音声を再生させる方法としては

  • TTS(=Text to Speach、機械による音声合成)で喋らせる
  • MP3などのメディアを直接埋め込む

の2通りがありますが、

これからどんどん単語を登録していくにあたって、
いちいちMP3などのファイルを用意するのは現実的ではありません。

なので今回はTTSで喋ってもらう方法を採用しようと思います。

どうせなら自動再生してほしい

さて、iPhoneではこのTTSが元々標準装備されているので、
環境設定をちょっといじれば

選択項目を読み上げ

というのが簡単にできます。

でも私はものぐさなので、
カードを開いたときとか裏側をめくったときに、
音声を自動再生させたいんですよ。

だっていちいち選択→読み上げするの、面倒ですし(∀`*ゞ)テヘッ

そこでカードを開いた時や
解答を表示したときに、
自動で音声を再生するようにしました。

具体的には

  • カードを開いたときに単語を
  • 裏側の解答を表示したときに例文を

読み上げるようにしたい。

辞書へのリンクも追加したい

さらにどうせ作るなら、
音声を読み上げるだけでなく
その単語を辞書ですぐに引けるようにしたい
考えました。

私は物書堂さんの辞書アプリを愛用しています。

辞書 by 物書堂

辞書 by 物書堂

物書堂無料posted withアプリーチ

そして物書堂さんからは韓日・日韓辞書の
小学館 韓日・日韓辞典もリリースされています。

韓日・日韓辞典

韓日・日韓辞典

物書堂¥4,040posted withアプリーチ

今はまだゆるっと勉強気分を味わっているだけなので
まだ辞書を手に入れていませんが、

今後本格的に勉強していきたくなったときに
この小学館 韓日・日韓辞典を買うのは目に見えています。

なのでリンクをタップしたときに
物書堂さんの統合辞書アプリが立ち上がるように、
以下のURLスキームをリンクの形で組み込んでおきます。

mkdictionaries:///?text=

さて上述の通り私はまだ韓日・日韓辞典を持ってないので、
今すぐ使える無料辞書サイトへのリンクも貼ります。

参考までに私が貼っているのは

以上のサイトです。

Krdictは発音の確認もできるのでオススメです。
LingQでは文脈の中でその単語がどう使われているかを確認できます。

発音確認サービスFORVOも追加したい

辞書を追加しただけでも十分かもしれませんが、
私はさらにFORVOへのリンクも追加しています。

リンク FORVO

FORVOというのは単語の発音を再生できるサイトです。

最大の特徴は、
その単語を複数のネイティブスピーカーが
録音したものを聞けること。

外国語を学ぶなら絶対に使いたいサイトなので、
これもカードにリンクを追加しておきます。

数々の希望を盛り込んで作ったのが、この単語帳

というわけで

  • カードの表面を表示したときに単語を読み上げて
  • 裏面の解答を表示したときに例文を読み上げて
  • ワンタップで辞書と発音サイトへジャンプするリンクを追加

という希望を詰め込んだ
Ankiカードのフィールドとノートタイプ(テンプレート)の
作り方を書いていきます。

フィールド名

フィールド名はデスクトップ版のAnkiアプリで

  1. メニューバーの「ツール」>> ノートタイプを管理(⌘Command + SHIFT + N)
  2. 編集するノートタイプを選択
  3. フィールド…ボタンをクリック

という手順で設定できます。
今回は以下のように設定しました。

  • 韓単語
  • ヒント
  • 意味[韓日]
  • 例文[韓]
  • 例文訳[韓日]

フィールド名は多分変数みたいなものでしょうから
ko-words とかの英語にした方がいいのかもしれませんが、
日本語でも動いたのでわかりやすさを優先しました。

カードタイプ表面

Anki カードタイプ表面(Card1)

<span id="word">{{韓単語}}</span>
<script>
var w = document.getElementById("word");
window.setTimeout("speak(w.innerText)", 500);
function speak(word)
{
var speech = new SpeechSynthesisUtterance();
speech.text = word;
speech.volume = 0.5; // 音量: 0 to 1
speech.rate = 1; // 速度: 0.1 to 9
speech.pitch = 1; // ピッチ: 0 to 2, 1=normal
speech.lang = "ko-KR"; // 言語: 韓国語
speechSynthesis.cancel();
speechSynthesis.speak(speech);
}
</script> {{hint:ヒント}}

今回は韓国語なので
speech.lang は ko-KR にしました。

他の言語にする場合は
IETFのBCP 47言語タグの文字列で指定します。

  • 日本語: ja-JP
  • アメリカ英語: en-US
  • イギリス英語: en-GB
  • フランス語: fr-FR
  • 中国語: zh-CN
  • 広東語: zh-canton
  • 台湾華語: zh-TW
  • 韓国語: ko-KR

中国語は一応上で3種類挙げましたが、

  • 簡体字の中国語: zh-Hans
  • 繁体字の中国語: zh-Hant

というのも見かけたので
場合によってはこっちの方がいいのかな…?

ちょっと中国語事情はわからないので
はっきりせず申し訳ない。

リンク 言語タグ – HTML5
リンク 言語タグの比較

カードタイプ裏面

Anki カードタイプ裏面(Card1)

<script>
var w = document.getElementById("phrase");
window.setTimeout("speak(w.innerText)", 500);
function speak(phrase)
{
var speech = new SpeechSynthesisUtterance();
speech.text = phrase;
speech.volume = 0.5; // 音量: 0 to 1
speech.rate = 1; // 速度: 0.1 to 9
speech.pitch = 1; // ピッチ: 0 to 2, 1=normal
speech.lang = "ko-KR"; // 言語: 韓国語
speechSynthesis.cancel();
speechSynthesis.speak(speech);
}
</script>
{{韓単語}}
{{意味[韓日]}}
<a href="mkdictionaries:///?text={{韓単語}}">辞書</a> / <a href="http://kjjk.weblio.jp/content/{{韓単語}}">Weblio</a> / <a href="https://krdict.korean.go.kr/m/jpn/searchResult?nationCode=7&amp;nation=jpn&amp;divSearch=search&amp;pageNo=1&amp;displayNum=10&amp;preKeyword=&amp;sort=&amp;proverb=&amp;examples=&amp;mainSearchWord={{韓単語}}">Krdict</a>
<a href="https://www.lingq.com/ja/learn-korean-online/translate/ko/{{韓単語}}/">LingQ</a> / <a href="https://ja.forvo.com/word/{{韓単語}}/">FORVO</a>
<span id="phrase">{{例文[韓]}}</span>
{{例文訳[韓日]}}

注意!発音が正しくないこともある

さてここで注意点ですが、
合成音声による自動読み上げは
発音が正しくないこともあります。

だからこそのFORVOです。

特にはじめての単語を登録したときは、
必ずFORVOで確認するようにしています。

韓国語も英語同様、
文字を見ただけで発音が推測できる言語ですから、
合成音声での発音に違和感を感じた時も確認しましょう。

まとめ

何か覚えるときには視覚だけでなく
聴覚や触覚など五感をできるだけ使うといい、と言います。

中でも外国語は
やっぱり音声と一緒に勉強した方がいいですね。

最初の手間は大変ですが、
一度仕込んでしまえばこの先ずっとラクできるのが
私好みです。

勉強中の方の参考になれば幸いです。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2020

コメント