Gmailで他のアドレスも管理している理由&返信時の差出人アドレス変更方法

Googleのサービス

Gmailでは設定の「アカウントとインポート」から、Gmail以外のメールアドレスを追加できます。

その機能を利用して、メールはプロバイダーのアドレスから携帯アドレスまで、すべてGmailで管理しています。

なぜGmailですべて管理しているか

なぜなら昔、プロバイダーのメールアドレスをデスクトップ上のメールソフトで管理していたところ、以下の問題に悩まされたことがあるからです。

プロバイダーのメールで起きた問題

  • 長期間アクセスできなかった場合、古いメールから削除された
  • プロバイダーの乗り換えに伴うメールアドレスの変更が手間だった

メールソフトを使ってたことで起きてた問題

  • メールの量が大すぎてHDを圧迫してた
  • メールソフトの開発が終了して、過去のメールを扱えなくなった
  • バックアップをちょっとサボってたらMacがクラッシュした
  • 迷惑メール判定フィルタが、あまり賢くなかった

合わせ技の問題として、プロバイダーのメールだとサーバー上で古い順から勝手に削除されるもんですから、手元(デスクトップ)で何か問題が起きたときに古いメールが取り出せないんですよ。

私、昔あこがれのバイオリニストにつたない英語でコンサートの感想を一生懸命送ったことがあるんです。
そしたらなんと、秘書の方経由でお返事が来ましたヽ(^▽^*)ノ
あのときは本当に感激して、興奮で何日か眠れなくなったなぁ〜……

……。

…………。

この流れでもう薄々お察しかと思いますが、そのメールも吹っ飛びました(T-T)

っていうかこの事件がなかったら、ここまでGmailにはこだわらなかったかもしれない。

今さらだけど、Gmailのメリット

改めて書くまでもないかもしれませんが、Gmailのメリットです。

  • 送受信したメールを、ほぼ半永久的に保存できる
  • 迷惑メールフィルタが優秀
  • 他のパソコンやスマホからでもアクセス可能

Googleがサービス提供を止めない限り、10年前のメールもすぐに読める。
大容量だし有料で容量増やせるので、パンクする心配もなし。
それにネットにつながっていれば自宅のMacでも職場のWindowsパソコンでも車内でいじってるスマホでも読むことができます。

こんなGmailのサービス。
使わせていただいてます、他のアドレスでも( ´艸`)

他のアドレスをGmailで利用する方法は、こちらのサイトが詳しかったです。

受信メールアカウントを追加 | Gmail の使い方
送信メールアドレスを追加 | Gmail の使い方

返信する時に、差出人を自在に変える

こうして複数のメールアドレスをGmailで扱うことができるようになったので、受け取ったメールに他のアドレスから返信することも可能です。
これがちょっとわかりづらかったので、メモしておきます。
(画像クリックで拡大)

返信画面

「返信」をクリック。

返信メニュー

矢印の返信アイコンから「件名を編集」をクリック。

メール作成画面

宛名近辺をクリック。

メール作成画面宛先と差出人欄

差出人アドレスが表示されるので、クリック。

差出人として使えるアドレス一覧

ずらっと他のアドレスも一覧で並ぶので、差出人にしたいアドレスを選ぶ。

ちなみに返信する時の差出人アドレスを、デフォルトのアドレス一本に固定することもできます。

設定のアカウントとインポートから、返信元のアドレス設定ができる

Gmail

Posted by Kunipon