Macでテキストの検索&置換を複数セット、一気にやる方法【CotEditor編】

以前こんな記事を書きましたが

Macでテキストの検索&置換を複数セット、一気にやる方法【mi編】
文章を書き終わって、特定の文字列を一気に別の文字列に置き換える「検索置換」。テキストエディタを使う理由の一つにもなっている、便利な機能ですよね。特にルーティンの仕事だと、いつも特定の文字列を置き換えるようなケースもあったりし...

今回はCotEditorで複数ワードの一括検索置換をする方法です。

スポンサーリンク

そもそも検索置換とは?

ところで検索&置換機能、使ってますか?
たとえばテキストエディタやワープロソフトで文章書き終えてから、

iPhone

って単語を使わず「iOS」って言葉使えば良かったー、
とか思うこと、あるじゃないですか。

そんなとき、一カ所ならパパッと探してサクッと打ち直しで
対応できると思うんですよ

でもこれが何カ所もあったら、イヤですよね〜(´д`)
見落としとかあるかもしれないし。

そんなときに、クリック一発で全部置き換えてくれるのが
検索置換って機能
です。

一括検索置換って?

上記の例だと

「iPhone」→「iOS」

と1組だけでしたが、これが更に他にもあったら、面倒じゃないですか?
たとえば1つの書類の中で、

iPhone→iOS
iPad→iOS
Mac→macOS Mojave
アップル→Apple

と4つも置き換えたいと思った場合、通常はいちいち
4回検索&置換を繰り返さないといけない
じゃないですか。

こういう些細なことが、わたくし面倒で面倒で(´д`)

一括検索置換とか複数置換というのは、
要するに4回繰り返さなくても一度でサックリ済ませる機能です。

今のところ私の知っている範囲では
Macでこの一括検索置換が使えるのは

  • CotEditor
  • mi
  • Jedit

の3つです。

このうちCotEditorとmiはありがたいことにフリーソフトなので、
以前miでのやり方を記事にしたことがありました。

Macでテキストの検索&置換を複数セット、一気にやる方法【mi編】
文章を書き終わって、特定の文字列を一気に別の文字列に置き換える「検索置換」。テキストエディタを使う理由の一つにもなっている、便利な機能ですよね。特にルーティンの仕事だと、いつも特定の文字列を置き換えるようなケースもあったりし...

今回はMac用エディタ界の雄(と勝手に私は思っている)
CotEditorでの方法をご紹介します。

やり方は2通りあるので、
まずは両方のやり方に共通の部分を説明してから
それぞれの方法に分かれます。

共通:複数置換ウィンドウを出す

メニューから

検索 >> 複数置換…

を選びます。

メニューより検索>>複数置換...

方法1:複数置換ウィンドウで直接指定する場合

「検索」と「置換」それぞれに、
置き換えたい単語を入力していきます。

CotEditor 複数置換.png
項目 内容
検索 現在文書中で使っている、訂正したい単語
置換 訂正後(変更後)の単語

入力する端から自動保存してくれます。
チェックボックスの意味は

RE:正規表現
IC:大文字小文字を区別

です。

今回の例では「すべて置換」を押したら、
以下のようになります。

置換前 置換後
あららー こりゃりゃー
どした? どした!
。+改行
(小文字の)ic (大文字の)IC
ちなみに「置換」に何も入力しなかったら、「検索」で指定した単語が削除されます。
これは一括複数置換にかかわらず、通常の検索置換機能でも使えるワザです。

検索と置換のセットは指定するたびに増えていきます。
リストの各行先頭チェックボックスをオンオフすれば、
その時に使いたいセットだけが一括置換されます。

複数置換 2019-03-18 10-38-13.png

もし必要なくなったら、不要な行を選択してから
「-」をクリックして削除
しましょう。

全部不要ならCommand+Aで全選択後、「-」クリックです。

このリストには左ペインで名前を付けることができますので、
今後も使い倒すようなものには名前を付けておくといいでしょう。

複数置換 2019-03-18 10-41-01.png

方法2:定義ファイルを作って読み込む場合

大量にある場合は、
複数置換ウィンドウの左ペイン下、右側にある歯車マークから
定義ファイルを読み込むことができます。

先ほどの「方法1:複数置換ウィンドウで直接指定する場合」で
検索置換リストを作ってる場合、歯車マークの「書き出し」から
拡張子 .cotrpl の定義ファイルを書き出せます。

.cotrpl はCotEditorで開けるので見てみますと、
以下のような書式になっています。

{
  "settings" : {
    "textualOptions" : 0,
    "regexOptions" : 16,
    "unescapesReplacementString" : true
  },
  "replacements" : [
   {
      "replacementString" : "検索語句",
      "findString" : "置換語句"
    }
  ]
}

冒頭部分は指定条件などのオプションでしょうね。
つまり、定義部分は

{
“replacementString” : “検索語句”,
“findString” : “置換語句”
}

なので、このパーツだけひたすら量産していけば、
中身は出来たも同然。

あとはこんな感じでサンドイッチしてあげればOKです。

{
  "settings" : {
    "textualOptions" : 0,
    "regexOptions" : 16,
    "unescapesReplacementString" : true
  },
  "replacements" : [
【定義部分】
{
"replacementString" : "検索語句1",
"findString" : "置換語句1"
}
{
"replacementString" : "検索語句2",
"findString" : "置換語句2"
}
  ]
}

これ定義部分、普通にコツコツ作ってくの面倒だから
ExcelとかGoogleスプレッドシートでワッと途中まで
一気に作るといいかもですね。

定義部分だけExcelとかで入力して、
あとはテキストエディタで整形するとかできそうな気が。

まとめ

CotEditorってただでさえ使いやすくて惚れてたのですが、
一括置換ができるようになってマジ結婚したい勢いです。

Macでテキストの検索&置換を複数セット、一気にやる方法【mi編】でも書きましたが、

1. 一括検索置換ペアが大量にある場合はmi
2. ちょっとした一括置換ならCotEditor

こんな風に使い分けるのが、手軽さという点からは
オススメかな、と思います。

CotEditorとmiを駆使して、
ハッピーなテキストライフ(何それ)を!

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2019

コメント