WordPressでエラー “Briefly unavailable for scheduled maintenance.”が表示されたときの対処方法

WordPressでエラー “Briefly unavailable for scheduled maintenance.”が表示されたときの対処方法 エラー&トラブル

久々にやっちまいましたよ…メンテナンスモード突入状態(ノ∀`)

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.

Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.

と白い画面に黒々とした文字列が表示されて、ウンともスンとも。

スポンサーリンク

解決方法は「.maintenance」ファイルの削除

英語になってたので気づかなかったのですが、
ググったら過去にもやってました。

しかも今回の記事書くために過去の投稿検索したら、
2回も同じ件で投稿してる(笑)

WordPressプラグインをアップデートしたらメンテナンスモードになった!
たまにありますよね、アップデートがいきなり5件とか8件とか来ること。で、またやっちまいました。現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。
WordPressプラグインのアップデート失敗!ミニバードでの簡単な復活方法
久しぶりにブログいじりに来たらプラグインのアップデートがあったので、いつも通り自動更新…してる途中に、うっかり別のリンクをクリックしてしまいました(^^;そしたら現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。の恐怖の文字...

どんだけせっかちなんだ。

というわけで、解決方法はWordPressフォルダ(ディレクトリ)の中にある

.maintenance

というファイルを削除すればOKです。

場所をもっと具体的に言うと、

FTPクライアントソフトで public_html を表示して、
ドメイン名のフォルダ(ディレクトリ)に入ってすぐの場所

つまり直下にあります。

隠しファイルですぐに見つからない可能性も

今回私はYummyFTPというFTPクライアントソフト使ったのですが、
このソフトは隠しファイルを 見る / 見ない を選べるんですね。

リンク Yummy FTP Pro – Mac FTP + SFTP + WebDAV client software at its best

普段隠しファイルなんて見えてたら煩わしいので便利なのですが、
YummyFTPを使ってから初めてこのエラーに遭遇したので、

「ない!?」

とちょっと戸惑ってしまいました。

YummyFTPの場合はアイコンメニューの中に
「隠しファイル」という項目があるので、
それをクリックすれば切り替えできます。

Yummy FTP Pro 隠しファイル表示 / 非表示Yummy FTP Pro 隠しファイル表示 / 非表示

今はもう削除しちゃったので表示されてないですが、
くだんの .maintenance ファイルもこのズラッと並んだ
.htaccess ファイルのすぐ下に並んでました。

原因は?

まぁ今回は私がせっかちで更新が終わらないうちに
触ってしまったのが原因ですが、

調べてみるとネットワークが遅くてファイルのやりとりに
遅延が生じた結果、おかしくなることもあるようです。

まとめ

ネットワークの遅延によるエラーって、結構あるんですよね。

CSSの編集をしたら表示がグッチャグチャになったので慌ててたら、
アップロードする際に遅延が生じて中身が不完全になってたのが原因とか…。

CSSならまだ表示がおかしくなるだけですけど、
PHPファイルでこれが起きると管理画面すら入れなくて割と悲劇です。

今使っているレンタルサーバー mixhost は
自動バックアップサーバー内部からの復旧
無料&ワンクリックで簡単にできるので、
その点トラブルからの回復が超楽で助かってます。

月額880円からの高性能クラウドレンタルサーバー

カスタマイズをよくやるWordPress中級者に
おすすめのレンタルサーバーなので、
エラーに泣いたことのある方はぜひ試してみてくださいね。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2019

コメント