【DL有り】Macで選択中のテキストの文字数をカウントするスクリプト

Mac

mi や CotEditor とかで文章を書いてるときなら
手軽に文字数をカウントできるのですが、

エディタ以外の場所で文字数をチェックしたいときとか、
あるじゃないですか。

ブラウザとかメールソフトだとか。

そんなとき、とりあえずコピーして
エディタや文字数カウントしてくれるサービスにペーストして
数えてもらうの、面倒で
(;´Д`)

だから以前はプログラムわからないくせに悪戦苦闘して
ClipMenu に「コピーした文章の文字数をカウント」ってメニューを
スクリプト書いて追加したりしてたのですが、

コピーいちいちするの、面倒だし
履歴も増えてうんざりするよね??

……というわけで、Mac限定ですが

「コピー不要! 選択範囲のテキスト文字数をカウントする方法!!」

しかも文字数を表示したあと、
そのダイアログが3秒で自動的に消えるよ!

一番最後まで読んでくれたあなたには
スクリプトのダウンロードプレゼントも!!(´▽`)

スポンサーリンク

WordService もあるけれど。

ぶっちゃけ昨日紹介した WordService の
「Statistics」でも同じことできるのですが、

WordService 見つける前に
頑張ってこのスクリプト書いちゃってたものだから、
お蔵入りさせるのがもったいなくて(ノ∀`)

WordService
無料
(2017.10.15時点)
posted with ポチレバ

一応違いは以下の通りです。

  • WordService の方が情報量が多い
  • 情報量は少ないけど、ウィンドウを勝手に閉じるようにできる
  • メッセージが日本語

それぞれのスクリーンショット貼り付けておきますねー。
左側が今回ご紹介する自作スクリプトです。
(画像クリックで拡大)

AppleScript verWordService

スクリプトの作り方:Automator で「サービス」を作る

完成品を記事の最後でダウンロードできるようにしてます。
自作するのが面倒な方は、ぜひご利用ください。

「Automator」のアクションから「Apple Scriptを 実行」を
ダブルクリック or 右側にドラッグ&ドロップ。
(画像クリックで拡大)

Automator

以下のスクリプトを「Apple Script を実行」欄に
コピー&ペーストします。

on run {input}
    try
        set str to item 1 of input
        set msg to "改行と空白を除外:" & length of new_str(str, "\\s")
        tell me to activate
        using terms from application "Finder"
            set btn1 to "OK"
            set ttl1 to "文字数カウンター"
            display dialog msg buttons {btn1} default button {btn1} with title ttl1 with icon 1 giving up after 3
        end using terms from
    end try
end run
--
on new_str(str, opt)
    set sh1 to "printf '%s' " & quoted form of str & " | "
    set sh2 to "perl -CIO -pe 's|" & opt & "||g;'"
    do shell script sh1 & sh2
end new_str

で、名前をつけて保存。
私は適当に Text Count とつけました。

便利に使う下準備:ついでにショートカットも登録

なるべくキーボードから手を離したくないので、
ついでにショートカットも作っておきます。

システム環境設定 > キーボード > キーボードショートカット > サービス

ショートカット登録

システム環境設定の「キーボード」から
ショートカット登録できますので、
他とかぶらないショートカットを登録してください。

あ、登録は右側の空欄をクリックか
ダブルクリックして選択状態にしてから、

登録したいキーボードの組み合わせを
パシッと押せばOKです。
(たとえばこの例だと ⌘CommandShiftC
3つのキーを実際に押す)

使い方:文字を選択してショートカットを押す!

これで使用中のアプリのショートカットとかぶってなければ

文字列を選択した状態で
⌘CommandShiftC を同時押しするだけで……

文字数カウント

表示できたヽ(*´∀`)ノ

Safari や Chrome で表示しているWebサイトの文字列でも
入力中のフォームのテキストでも、

とにかく選択さえできていれば基本使えます。

残念ながらショートカットがかぶってるアプリでは、
普通にコンテキストメニューの「サービス」から呼び出せばOKです。
(画像クリックで拡大)

コントロールキーとクリックでコンテキストメニューを出せる

コンテキストメニューの出し方は、
control+クリックか2本指タップです。

おまけ:ダイアログウィンドウが自動で閉じる秒数を変える

このままリターンキーを押せば
ダイアログを閉じることはできるのですが、

それすら面倒なので3秒で自動的に
ダイアログが消える
ようにしてあります。

もし5秒とかにしたい場合は9行目の

giving up after 3

を「5」にすれば大丈夫(´∀`*)

Apple Scriptなのでちょっと重いのですが、
とにかく文字列を選択さえできれば
どこでも動きます。

もうほんと、快適すぎてめっちゃ捗りますよー☆

データ消えたら困るから、
こうして備忘録に今日も残すのです。

参考 Apple Scriptによる選択範囲の文字カウント(改行、スペース抜き)について | Apple サポートコミュニティ

【追記】スクリプトをダウンロードできるようにしました

ファイルをダウンロードできるようにしたので、
よろしければ使ってください。

動作確認済み:
OS X Mavericks 10.9
OS X El Capitan 10.11
macOS Mojave 10.14(娜哇さま感謝!)

※もし試してみて動作したら動いたOS教えてください♪

解凍後にできた「TextCount.workflow」を
ダブルクリックして「インストール」してください。

ワークフローのインストール

ないとは思いますが、
もしインストールの確認画面が出ない場合は

ライブラリ > Services

フォルダの中に入れれば使えると思います。

ライブラリの中のサービスフォルダへ

ライブラリの表示の仕方は、
オプションキーを押しながらメニューバーの
「移動」をクリックすると現れます。

オプションキー押しながら「移動」をクリックでライブラリが表示できる
Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2019

コメント

  1. sketchbooks より:

    こんばんは。
    先ほど、TextCountインストールさせてもらいました!

    OSはmacOS High Sierraバージョン10.13.5です。

    なぜかキーボードショートカットでは動きませんでしたが、サービスからだと表示されました!

    大学のレポート中ですが、めっちゃ便利です!

    ありがとうございます!

    • Kunipon より:

      おー、使ってくださってありがとうございます!ヾ(*´∀`*)ノ゙

      ショートカットキー 、なんでだろ??
      他のメニューとの競合は大丈夫ですか?
      こちらのサイト↓

      http://c-through.blogto.jp/archives/38256351.html

      にサービスメニューのショートカットが競合してる場合の見分け方とかわかりやすく説明されてるので、念のため確認してみてください^^

  2. 娜哇 より:

    PCでメッセージアプリに文字数カウントがなかったので不便だな〜とずっと思ってたのですごく便利でありがたいです。 3秒で消えるってのも最高だし、ショートカットが便利なのでChomeの”文字数カウント”アンインストールしたほど。 私の場合、Mac Mojave 10.4で問題なく動作してます。(ショートカットは重複してたのでオリジナルを追加して解決) CalcServiceと合わせてこれで完璧! ありがとうございます 

    • Kunipon より:

      使ってくださって、ありがとうございますっヽ(*´∀`)ノ
      そうなんです、ショートカットに加えて
      私も3秒で消えるのが気に入ってます(笑)

      CalcServiceは初めて知りました。
      WordServiceと同じ開発元なんですね。
      これは便利そう!

      それにMojaveさんでも動いてくれてると知り
      安心しました♪

      動作報告と面白いアプリを教えてくださって、
      ありがとうございました!!(´▽`)

      • 娜哇哇 より:

        3秒を2秒に変えようと workflowを探しても見つからないんです… spotligtで検索してもヒットせず、直接ライブラリフォルダを覗くとseviceフォルダがなく、Automatorフォルダやworkflowフォルダは見つけたもののText Count workflowというのが見つからない。 ワードで選択部分をカウントするなどのワークフローは見つかったのですが….. このまま3秒でいってもいいのですが、私の場合1、2秒で消えてほしくて…. 何れにせよ、とても便利です。 ワークフローは以前一度作ってみたのですが、難して断念。 なので、ダウンロードできてほんと素晴らしいでした

        • Kunipon より:

          とりあえず1秒と2秒バージョン作ってアップしました!
          急いだので、どこかミスってるかも^^;
          もし動かなかった場合は教えてください!

  3. 娜哇哇 より:

    仕事早くて感動! 三種類同時にインストールしてショートカットもそれぞれ割り当てた環境で、chorme, メモapp, メッセージapp、三種類誤作動なしです! ありがとうございます!  他のページのf.luxが良さげなのでこれも入れてみました。 今日は、環境を見直していて、音量調節のBackground music入れてみたりくにぽんさんのおかげで风和日丽な1日を楽しく過ごさせてもらってます。私も快適大好きで、いろんな機能楽しんでます。 最近は、Online screen recorderがお気に入りです。 昔は、画面収録は無音だったり、内臓以外も拾ってしまったり(soundflowerは相性悪かった)など使えなかったものの、同時に内臓スピーカーのを拾ってくれてすっごく重宝。 ただquicktimeとスクショappとの相性が気になるところです。  ではでは、また覗きにきます。 多謝!

    • Kunipon より:

      動きましたか、良かったです!ヽ(*´∀`)ノ

      Mojaveだとどこのフォルダに入るのか検索してみたのですが、ちょっとわからないですね…残念。
      El CapitanだとSpotlightのオプションで「システムファイル」を指定すると見つかったのですが、Mojaveでも探せるかどうか自信ないです^^;
      (Spotlightでシステムファイルを指定して探す方法は、せっかくなので記事にさせていただきます☆)

      他のページも見てくださって、ありがとうございました!
      あと、またまた面白いサービスを教えてくださって、ありがとうございます!
      Online Screen Recorder、私も試しに使ってみます^^

      ぜひまた遊びに来てくださいね♪
      こちらこそ、ありがとうございました!!

      • 娜哇哇 より:

        オンラインスクリーン録画は、次のサイトを開いたら、サインアップせずにお試しで利用されてみてください。 録画ボタンを押すとアプリを起動させるだけで、デスクトップ版もインストールせず、(サイトの登録=サインアップもせず) オンライン上だけで利用。 サインアップして無料でデスクトップ版もしようできますが、アプリが重複したり、サインアップする意味があまりない。 オンライン利用のままで制限がないので素晴らしく快適です。soundflowerなども必要なくなります。  https://www.apowersoft.jp/free-online-screen-recorder

        ダウンロードしたものは、google photoをストレージにして、
        自動再生用にyoutubeにアップロードして楽しんでいます。 

        これに加えてbackground music(https://jittodesign.org/post-14132-14132/)を言えれておくとさらに便利。

        • 娜哇哇 より:

          ご存知かもしれませんが、textcountを重視される方でしたら、cloudclipもすごおく便利です。 デバイス間で単語コピー履歴50個まで使えるので、複数デバイス間ですごく便利です。 

          このcloudclipとファイル複数選択>右クリック一括名前変換(〇〇項目の名前を変更)で作業効率が最高にアップしました。 

          • Kunipon より:

            CloudClipはまだ使ったことないんですよ〜。
            Copiedというのを使っていてこれも便利ですが、textcountの視点で見たことはないですね。
            ちょっとCopiedも探検しつつ、CloudClipのことも調べてみます( ´ ▽ ` )ノ
            色々と沢山面白いアプリやサービスを教えてくださって、ありがとうございました!

        • Kunipon より:

          詳しい使い方、ありがとうございます!
          デスクトップにインストール不要で録画ができるって、不思議なくらい凄いですよね〜。
          はい、今度オンライン版の方を試してみます(´▽`)♪
          GoogleフォトとYouTubeのストレージ使用やBGMのヒントも、ありがとうございました☆

          • 那哇1 より:

            引き続き iMac OS High Sierra で 1sec 2sec 問題なく動いてます。 インストール後Automatorで開きましたがファイルは見当たらず spotlightでもヒットせず Serviceフォルダにも見当たりませんでした。 でも問題ないので私の場合はこのままキープさせていただきます^^  男性の方かなと思っていたら女性、Macユーザー、快適ライフ好き、療養中という点が一緒でちょっと親近感わきました^^  では。

          • Kunipon より:

            Spotlightの検索オプションを使ったら表示されるんじゃないかと思い、記事にしてみました。

            Spotlightで検索しても見つからないシステムファイルの探し方

            これで見つかるといいのですが…。

            そうなんです、こんな記事ばかり書いてますが女性なんです(^^ゞ
            あらら、そんなに共通点がいっぱいあったんですね!ちょっと嬉しいです(´▽`)
            High Sierraでの動作状況も教えてくださって、ありがとうございました!

  4. 娜哇 より:

    見つかりました〜⭐️ 

    詳細検索するのなんか思い出しました^^  
    マックがウィンドウズ化してからこういうの
    (昔は、機能拡張もパーティションも全て自分たちでするというマックの時代)忘れてました。 

    私の場合、ライブラリフォルダが3つ検索がヒットして、ユーザー>ライブラリに見つかりました。 HDのライブラリ>Sevicesにはディフォルトのものが内包されてて、私が簡易でチェックしたのはここだけだったよう。 

    ただ、ユーザー>ライブラリ>Servicesにあるのは見つかり、肝心のファイルは見つかったものの、このユーザー>ライブラリ>ServicesのServiceフォルダが一覧に出てこないので、これまたハテナ?さんなんですが、まぁいいっか〜で気にしないことにしました。 

    なんか楽しかったです。 
    くにぽんさん、ありがとう〜〜〜

    • Kunipon より:

      そういえばユーザー>ライブラリとHD直下の違いがありましたね〜。
      私もたまにそれでつまずくコトあります( ̄∇ ̄;)
      ともかく見つかって良かったです♪

      私も楽しかったです^^
      コメントありがとうございました〜ヾ(*^▽^*)ノ