WordPressを他サーバーからロリポップに移行する方法

WordPress移行・引っ越し

mixhostの契約更新が近づいてたので
試しにいくつかレンタルサーバーを使ってみました。

今回はその中のひとつ、
ロリポップへのWordPress移転のしかたについて
覚え書きしてこうと思います。

ロリポップなら簡単引っ越し機能が使える!(…かも)

驚いたのですがロリポップには
簡単引っ越し機能というのが
無料で標準搭載されていたんです!!

いや〜感動したなぁ本当に(´∀`)

ただ落とし穴があって、
必ずしも100%この便利機能が使えるわけではありません。

残念ながらmixhostはサイト構成の問題だとかで
簡単引っ越し機能が使えませんでした。

でももし簡単引っ越し機能が使えるサーバーでしたら、
以前記事に書いたAll-in-One WP Migrationを使わずとも
超楽に引っ越しができるわけです♪

All-in-One WP MigrationでWordPressを超簡単に他サーバーに移行する方法
なんだかプラグインを使わずWordPressを手作業で移行する方法ばかり書いてる気がします。でも一番のお勧めは一番失敗がなく一番カンタンな、プラグイン「All-in-One WP Migration」を使う方法です。...

All-in-One WP Migrationは$69(約7,800円)したので、
無料でこの機能が使えるのはすごくありがたいですね。

簡単引っ越し機能の事前準備

通常WordPressを移転する場合

  1. 移行するWordPressのダウンロード
  2. 移行するWordPressのデータベースのダウンロード
  3. ロリポップ!の申込み

と事前準備だけで3段階あるのですが、
簡単引っ越し機能を使える場合、
1と2のダウンロードを省いても移行できます。

※でもバックアップになるので、何かあったときのために各種データはダウンロードしときましょう。

事前準備として、とりあえずロリポップに申し込まないと
簡単引っ越し機能も使えないので、
まだ試用申し込みしてない場合はロリポップ!からどうぞ。

リンク SSL標準装備!お財布にも初心者にもやさしいロリポップ!

申し込みに当たって難しいことは特にないですが、
申し込み方法について詳しくはこちらに書いておきました。

記事内リンク ロリポップ!の申込み

簡単引っ越し機能の使い方

ロリポップに申し込んだら

独自ドメインの設定 >> 簡単引っ越し機能

と進みます。

独自ドメインの設定

独自ドメインの設定がまだの場合は

サーバーの管理・設定 >> 独自ドメイン設定

から独自ドメインの設定を先にします。

記事中クリックできる画像は拡大&右上×クリックで閉じることができます。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自ドメイン設定へ

 

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自ドメイン設定 登録

「公開(アップロード)フォルダ」は
もしブログがひとつならオーソドックスに
public_html
とかでもいいと思います。

複数ブログを運営する予定なら
ドメイン名と一緒 or ドメイン名の一部とかにすると
わかりやすいのではないでしょうか。

項目を埋めて「独自ドメインをチェック」をクリックしたら
「あとでネームサーバーを設定する」をクリックします。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自ドメイン設定 登録

簡単引っ越し機能の使い方

ロリポップの管理画面(ユーザー専用ページ)から

サイト作成ツール >> WordPress簡単引っ越し

と進みます。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - トップからWordPress簡単引っ越しへ

[引っ越し元] WordPressのユーザー名
[引っ越し元] WordPressのパスワード

は、それぞれWordPressのダッシュボード(管理画面(ユーザー専用ページ))に
入るためのユーザー名とパスワードを入力します。

wp-configファイルを編集するときに使う
MySQLデータベースのユーザー名やパスワードではないので注意。

「引っ越し先(ロリポップ!)」は基本的には
ドメインを選択するだけでいいです。

もし「/wp」とか「/blog」など
ディレクトリを切ってる場合は、横の / 部分に
フォルダ名を入力してあげればいいのではないでしょうか。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - WordPress簡単引っ越し

ある程度の時間がかかるので、気長に待ちましょう。

そして何度やってもエラーのあなた!

お待たせしました、次から簡単引っ越し機能を使わない
移転方法の解説が始まるので、
休憩を挟んだら先へお進みください。

簡単引っ越し機能を使わない場合の大まかな流れ

さて、まずは引っ越し元のレンタルサーバーでの
移行準備作業です。
具体的には以下のような作業になります。

  1. 移行するWordPressのダウンロード
  2. 移行するWordPressのデータベースのダウンロード
  3. ロリポップ!の申込み

データをダウンロードしたり、
ロリポップを申し込んだりと事前準備が済んだら、
実際に移行作業に入ります。

簡単引っ越しが使えなかった場合の
移行の流れは以下の通りです。

  1. 独自ドメイン設定
  2. データベース作成
  3. 設定ファイル編集
  4. データベース移行
  5. WordPressデータ移行
  6. ネームサーバー設定変更

それでは「事前準備」と「移行作業」について、
それぞれ詳しく見ていきましょう。

移行作業を始める前の事前準備

  1. 移行するWordPressのダウンロード
  2. 移行するWordPressのデータベースのダウンロード
  3. ロリポップ!の申込み

WordPress の引越しをするために
データをダウンロードするのですが、

WordPress の場合には通常のホームページのように
FTP クライアントソフトを使ってダウンロードする
HTMLやCSSファイルだけでなく、

phpMyAdmin などから MySQL データを
ダウンロードする必要があります。

移行するWordPressのダウンロード

FileZillaなどのFTPクライアントソフトを利用して
ダウンロードします。

リンク ダウンロードファイル一覧 – FileZilla – OSDN

FileZilla は無料でなかなか使い勝手の良い
FTP クライアントソフトです。

移行するWordPressのデータベースのダウンロード

データベースのダウンロードは、
一般的に「phpMyAdmin」の
「エクスポート」機能を利用します。

MySQL データの具体的な取り出し方法については、
契約中のレンタルサーバーのマニュアルをご覧ください。

ロリポップ!の申込み

ロリポップの契約がまだの場合は、
以下より申込んでおいてください。

リンク ロリポップ!

携帯電話の SMS 認証が必要になるので、
手元にスマホを用意しておきましょう。

お申込み(SMS認証) お申込み - レンタルサーバーならロリポップ!

住所や名前などの必須項目を埋めていきます。
自動更新はロリポップと本気のお付き合いをしていくのなら
チェックしておいた方がいいです。
※ここでチェックしなくても、後ほどチェックできます。

バックアップオプションは月々300円。
WordPressがまだよくわからないという人は、
バックアップオプションを契約しておいた方が無難です。

お申込み(お申込み内容入力) お申込み - レンタルサーバーならロリポップ!

ロリポップでの移転作業の流れ

事前準備が終わったら、
いよいよ実際の移行作業に入っていきます。

精神的にも日時的にも、余裕をもってやりましょう。

  1. 独自ドメイン設定
  2. データベース作成
  3. 設定ファイル編集
  4. データベース移行
  5. WordPressデータ移行
  6. ネームサーバー設定変更

独自ドメイン設定

先に独自ドメインの設定をします。

どこのレンタルサーバーでも、
まず最初に独自ドメインの設定をしておかないと
領域が確保されないので。

管理画面(ユーザー専用ページ)の

サーバーの管理・設定 >> 独自ドメイン設定

から独自ドメインの設定を先にします。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自ドメイン設定へ
ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自ドメイン設定 登録

「公開(アップロード)フォルダ」は
もしブログがひとつならオーソドックスに
public_html
とかでもいいと思います。

複数ブログを運営する予定なら
ドメイン名と一緒 or ドメイン名の一部とかにすると
わかりやすいのではないでしょうか。

項目を埋めて「独自ドメインをチェック」をクリックしたら
「あとでネームサーバーを設定する」をクリックします。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自ドメイン設定 登録

データベース作成

管理画面(ユーザー専用ページ)の

サーバーの管理・設定 >> データベース

と進み、「データベース作成」をクリックします。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - データベース作成画面へ

 

ロリポップ!ユーザー専用ページ - データベース作成

  • データベース名
  • 接続パスワード

を入力します。
データベース名にはドメイン名の一部を使うと
後々わかりやすくて管理しやすいです。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - データベース作成

このデータベースのユーザー名とパスワードは
WordPressの設定で必要になりますが、
(このすぐ後の「設定ファイル編集」の項目で使います)
もし忘れてもロリポップならすぐに調べられます。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - データベースパスワード忘れたら

サーバーの管理・設定 >> データベース

の画面でユーザー名のところに
「パスワード確認」というボタンがあるので、
クリックすればいつでも確認できます。

こういう所も、ロリポップが初心者向けで優しいと
評判の理由かな〜と、細かい所だけど感心。

設定ファイル編集

移行元のレンタルサーバーからFTPでダウンロードした
「wp-config.php」ファイルを編集します。

wp-config.php は public_html などの
ドメイン直下のフォルダにあります。

wp-config.php の中の以下の部分を
先ほど作ったデータベースの情報に直して保存します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘ユーザー名’);
/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘パスワード’);
/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘サーバー’);

ロリポップwp-configファイルを編集

データベース移行

管理画面(ユーザー専用ページ)の

サーバーの管理・設定 >> データベース

と進み、データベースページで
「phpMyAdminを開く」ボタンをクリックします。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - phpMyAdminを開く

データベースページで確認できる

  • ユーザー名
  • パスワード
  • サーバー

をログイン項目に入力してログイン。

ロリポップphpMyAdminログイン画面

左のメニューからデータベース名をクリックして選択したら、
インポートタブをクリック。

phpMyAdmin データベースを選択

移行元のサーバーからダウンロードしておいた
MySQLファイルを選択して画面一番下の
「実行」をクリック。

phpMyAdmin インポート

正常に完了すると
「インポートは正常終了しました。」
と表示されます。

phpMyAdmin インポート成功

WordPressデータ移行

FileZillaなどのFTPクライアントソフトを利用して
移行元のサーバーからダウンロードしておいたデータを
アップロードしていくのですが……

すみません、スクリーンショット撮り忘れましたorz

FTPソフトを使うのに必要な
FTPサーバーやアカウント名などの設定情報は

ユーザー専用ページの

アカウント情報 >> サーバー情報

で確認できます。

アカウント情報のページはこちら

FTPソフトを使えるようになったら
独自ドメインの設定で作った「公開(アップロード)フォルダ」に
移行データをアップロードします。

ネームサーバー設定変更

ドメインを管理している会社の管理画面で
ネームサーバーを以下のように変更します。

項目 情報
プライマリネームサーバー uns01.lolipop.jp
セカンダリネームサーバー uns02.lolipop.jp

私は格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』を使ってるので
図の例はエックスドメインの場合です。

エックスドメインネームサーバー変更

独自SSL証明書を設定する

最後にこれを忘れちゃーいけません。

ユーザー専用ページで

セキュリティ >> 独自SSL証明書導入

と進み、「SSL保護されていないドメイン」タブから
ドメインにチェックを入れて、
「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリック。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自SSL証明書設定

「SSL設定作業中」と表示されたのを確認したら、
反映されるまで放置。
大体5分くらいで設定完了になるようです。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - 独自SSL証明書設定作業中

以上で移行作業は完了です。
大変お疲れさまでした(´▽`)

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2019

コメント