iPod touchの電池の減りが異常に早い時にやった対症療法

スポンサードリンク

iPhone 6を無事購入できましたが
以前のバッテリー切れのiPod touchの話も
参考になる人がいるかもしれないので、
一応記録として残しておきます。

前の記事でもちらっと書きましたが、
私のiPod touchは最後の方、
完全にバッテリーの寿命を迎えて使えない状態になってました。

ただ完全に使えなくなるまで半年ぐらいでしょうか、
延命できる期間があったので、その時にあがいた方法です。

どういう状態?

症状「すぐに電池切れになる」

そのくせ充電器につなげば、
すぐに満充電になる
んですよね(;´∀`)

それが1番の特徴だったかもしれません。

スポンサードリンク

原因というか、心当たり

心あたり、あります。

ゲームのやり過ぎです(笑)
一時期ヘイデイという箱庭系農場アプリにハマりまして、
ちょくちょくいじってたんですね。

ただこのアプリ、
常にバックグラウンドで通信が発生するので、
短時間のプレイでもすぐにiPod touch本体が熱くなってしまう。

バッテリーにいいわけありません。

ヘイデイをやりだしてから、
バッテリー寿命は確実に短くなりました。

別にヘイデイに限らず、
ゲームはスマホにかなり負担をかけるものなのかもしれません。

モバイルバッテリーをつなぎっぱなしにすることに

そこで考え付いたのが、
電源=モバイルバッテリーに つなぎっぱなしにする方法です。

ずっと給電し続けることができれば、
なんとか持つのではないか。

そう考えて、
実際にやってみました。

つなぎっぱなしにするモバイルバッテリーの条件は?

実際に探した条件です。

  • 軽い
  • できれば薄い
  • できればサイズがiPod touchと同じくらい
  • つなぎっぱなしにできるケーブル周り
  • 勝手に給電を停止しない(重要!)

「軽い」
「できれば薄い」
「サイズがiPod touchと同じくらい」

ここら辺は、持ち歩くものですから
何となくお分かりいただけるでしょう。

でも一番肝心なのは、
ここからです。

つなぎっぱなしにできるケーブル周り

これは最初、

こういうタイプのモバイルバッテリーを使ってみて、
痛感したことです。

人気と信頼のAnkerですね(´▽`)

一番短いタイプのケーブルを選んだのですが、それでも

「iPod touchからモバイルバッテリーをぶら下げている」

感が否めません。

これだと重いしiPod touchの画面を傷つけかねないし、
それに結構みっともない。

そこでケーブルの長さができるだけ短く、
スマートに見えるものを探しました。

勝手に給電を停止しない(超重要!)

これは本当に、一番大事です。

先ほどのモバイルバッテリーですが、
これだと満充電になったら充電を停止してしまうんですね。

賢いから。

でも今回のiPod touchの症状は、

電源に繋いだら、すぐに満充電になる」。

つまり賢いタイプのモバイルバッテリーだと、
つないだ途端満充電になって

「充電完了〜♪」

となり、給電が終わっちゃうので
すぐにまたiPod touchが力尽きてしまうんです。

これは結構思わぬ落とし穴でした。

結局選んだのは、これ。

探した中から上記条件に該当したのが、

コレです。

実際に使った感想は…

薄くて軽くて良い!ヽ(*´∀`)ノ

USB→Lightningコネクタへの変換アダプタがついてるので、
これひとつ買えばすぐに使えるのも助かりました。

あとですね、ちょっとみっともないですが、
滑り止めシートがあると
本体に傷ができないし一体化して使いやすかったです。

もちろんすぐ剥がせるし♪

iPod touch自体は、
プラスチック製のケースに入れてあるので、
モバイルバッテリーとくっつけてても傷がつきません。

何よりこの滑り止めシートはプラスチック素材と非常に相性がいいので、
一旦押しつけて密着すると、
ちょっとやそっとでは離れなくなります。

みっともないと言えばみっともないかもしれないけど、
背に腹は変えられません。

それに一番最初に試したバージョンよりは、
コンパクトなのが気に入っています。

ちょっとケーブルに接続する部分は出っ張りが気になるけど、
これも最初の「ぶら下がり」バージョンに比べたら、
個人的には許容範囲です(笑)

その後の話。

このモバイルバッテリーとのセットで、

随分長く使えました。

半年以上は順調に使えていたと思います。

でもその後、
本当の寿命が来てしまいました。

ACアダプター経由でも、
一瞬でも外せない状態になったんです。

こうなるともう、
モバイルバッテリーでは間に合わないんですよね。

モバイルバッテリーをつないでも電気が供給できないみたいで、
完全に自宅のACアダプターから離せなくなりました。

それでも何ヶ月もの間、
騙し騙し使うことができたので本当に助かりました。

今回の記事が誰かの役に立てるとはあまり思いませんが(;´∀`)、
一応こんなこともやりましたよ、というお話でした。

スポンサードリンク