MacのLaunchpadを整理したい時にはLaunchpad Managerが手軽

Mac, 未分類

無事MacBook ProのSSD化も済んでクリーンインストールも完了し、いざ運用!

となると気になってくるのがLaunchpadの整理の悪さです。

せっかく綺麗さっぱりクリーンな環境作ったのに、ドンドコとアプリを入れていくと出現する、なんなんだ、この雑然とした光景。

これでOfficeとか入れようものなら、使わないアプリが一気にたんまり増殖するんですよね。
パワポやOutlookなら、まぁ使わないまでも少し許せるのですが、Microsoft Messengerとか、なんかもう許せない感じ。
いや、個人の感想に過ぎないんですが。

こういうときはLaunchpad-Controlというアプリを使う、という情報が多く引っかかるものの、このアプリは2013年に開発が止まってしまっているようです。
そこで代わりのアプリを探したところ見つけたのが、コレ。

Launchpad Manager – Keep your Launchpad organised!

ダウンロードは無料。
Launchpadのアプリアイコンを隠す機能も、フリーで使えます。

さらにアイコンを自動的に名前順に並べ替えて欲しい、とかそういう場合は有料の追加機能が必要ですけど、フリーの範囲でも随分いろいろとできる模様です。

ダウンロードしてみたらアプリ名というかファイル名が

Launchpad Manager Yosemite

だったので「ヨセミテっ?」と一瞬焦りました。
大丈夫、10.13.2 High Sierraでも使えてます。

使い方は簡単。
隠したいアイコンをクリックで選択したら(複数選択はコマンドキー押しながらクリック)
Remove ボタン押して、Apply(適用)ボタンを押すだけ。

Launchpad-Managerの画面

使う前後。
ビフォー

整理前のLaunchpad

アフター。

整理後のLaunchpad

これで少しだけスッキリしました。

余談ですがMicrosoft Officeをインストールすると、Dockにまで勝手に登録されるんですね!
あーなんかむかつく。いや、個人の感想ですが。