たった8分放置できんぴらも!魚焼きグリルをもっと気軽に使いたい

養生中なので食事はしっかりとっていますが、同時に養生中なので自分で作るときには、料理に体力をかけられません。

家族不在で自力で何か作るときには、大体オーブンや圧力鍋を使ってしまいます。

キーワードはそう、放置。

体力という限られたリソースの守護神・手抜き料理の味方に本日、魚焼きグリルが加わりました。

これがですね。

めちゃくちゃ楽で早かったんです!

もっとみんなにも使って欲しいので、記事にします(´▽`)

あっという間に400度!魚焼きグリルのポテンシャル

最近知ったのですが、魚焼きグリルって火力がめちゃくちゃ強いんですね。

短時間であっという間に300度から400度にまで到達してしまうそうです。

だから大体、どのレシピでも調理時間は10分未満なんですよね。

魚焼きグリルなら

  • フライパンや鍋と違ってずっと面倒みなくていい
  • おまけに時短調理

この2つが簡単に叶えられてしまうわけです。

なんて素晴らしい…!

意外!きんぴらもできる。

あとこれも意外だったのですが、

魚焼きグリルできんぴらとかが作れるんです。

といっても300度や400度で作ったら、あっという間に黒焦げに。

そこでどうするか?

アルミホイルによる蒸し焼きです。

アルミホイルでくるんで蒸し焼きにすると、中は100度を超えないそうです。

具体的な作り方は、

  1. 調味液とオイルを具材によく絡めて
  2. グリルやオーブン可のトレイに並べて
  3. アルミホイルで蓋をする

あとはグリルに放り込んで、火を付けるだけ。

今回作ったのは、ジャガイモと玉ねぎの炒め蒸し風です。

ジャガイモと玉ねぎをステンレスバットに並べるの図。

塩胡椒して、太白ごま油を絡めて、アルミホイルで蓋をしてグリルに放り込んだだけ。

アルミホイルで蓋をしてグリルへ。

具材は火の通りをよくするために、7mm〜8mmくらいの厚さに切るといいです。
バーベキューで野菜焼くときの感じでしょうか。

あとはオイルをよく絡めるぐらいかな。

本当は太白ごま油ではなくマヨネーズを使いたかったのですが、切らしてたんですよね。

ジャガイモと玉ねぎはマヨネーズで焼くとすごくおいしいので、今度ぜひやってみたいと思います。

時間はとりあえず、8分にしました。
しばらく放置しておけば、余熱調理もできますしね。

できあがりはこんな感じ(´▽`)

できあがり!

グリル可のトレイと書きましたが、今回使ったのは100均で買ったステンレスバットです。

専用じゃないし100均だし、大丈夫かな? と少し心配でしたが、全然何の問題もありませんでした。
使い終わった後も何か変な跡が残るとかなく、綺麗なものです。

今回はジャガイモと玉ねぎが目に付いたのでこれを作りましたが、次は人参やインゲンのきんぴらを作りたいなぁ。

具材切って調味料と油絡めてあとはグリル任せなので、もうホント楽できていいですよ。

手を抜きつつも美味しい料理を食べたい方は、ぜひ一度試してみてくださいね(´▽`)